東通村

ひがしどおり

東通村

問合せ:
東通村経営企画課 0175-27-2111
交通:
むつ市よりバスで、30分
今から約500年ほど前
山伏によって伝えられたと言われ
悪魔退散、家内安全を祈って
正月の夜に演じられる「能舞」

日本の演劇史上きわめて貴重であることから
国の重要無形民俗文化財に指定されています
毎年8月下旬に開催される
「ひがしどおり来さまいフェスタ」では

村内外から多くのチームが参加し
それぞれ独創的な
よさこい踊りが披露されると共に
東通そばなど地元の味覚を味わえる
屋台コーナーにおいて
東通牛丸焼き試食会などのイベントが催され
多くの人で賑わっている

さらに前夜祭ではカラオケ大会なども行われ
下北の短い夏を満喫している
2500年ほど昔から
太平洋岸に打ち上げられた大量の砂により
形成された猿ヶ森砂丘

その大量の砂によって
立ち枯れたまま埋まってしまったヒバの木々
それが「猿ヶ森埋没林」です
ヒバ埋没林
現在、砂の中から姿を現している埋没林は
1000年ほど前のものだそうです

ちなみに猿ヶ森砂丘は
日本最大の砂丘なのですが
その全てが自衛隊の演習場となっている為
一般の方は入れません
猿ヶ森砂丘
東通そばは地元産のそば粉を使う十割そば

新そばの季節には、村内10ヶ所の会場にて
東通そばが販売される新そば街道まつりが
行われています(10月上旬の連休
そば畑
[東通村]
↑上へ戻る

Copyright (C) 下北ナビ All Rights Reserved.