尻屋崎

しりやざき

尻屋崎

開場:
4月1日~ 4月30日 8:00 ~ 15:45
5月1日~ 11月30日 7:00 ~ 16:45
問合せ:
東通村役場 0175-27-2111
交通:
むつ市よりバスで、60分
120年以上の歴史があるレンガ造りの灯台
尻屋崎灯台 ( 灯台内部 )

国内最大級のレンズを使い
津軽海峡の道標となっている
尻屋崎周辺は誰でも散策できるが
寒立馬が遠くへ行かないよう
手前にゲートがあり ( 尻屋崎周辺図 )

冬季間は閉鎖、4月 ~ 11月も
日中のみオープンなので注意を
尻屋崎周辺の牧草地に放牧されている
寒立馬(かんだちめ)

寒気と粗食に耐え持久力に富む農用馬として
重用されてきたが時代の移り変わりと共に
平成7年には9頭まで激減
しかし、その後の保護政策により
現在は40頭ほどに回復している
※寒立馬は人に慣れていますが
近寄る際には十分に注意する事

寒立馬の出産シーズンは
だいたい4月 ~ 6月となっており
運が良ければ生まれたばかりの仔馬に
出会えるかもしれません
尻屋崎周辺が閉鎖される1月~3月
寒立馬はアタカと呼ばれる放牧地で
毎日を過ごす

※12月は移動期間です
アタカは、寒立馬が外に出ないように
扉があるので、見学の為に出入りする際には
閉め忘れに用心
ゲートの位置
バス停などの周辺図は
こちらをご参考にしてください
[尻屋崎]
↑上へ戻る

Copyright (C) 下北ナビ All Rights Reserved.