薬研温泉

やげんおんせん

薬研温泉

問合せ:
むつ市大畑庁舎  0175-34-2111
交通:
大畑町よりクルマで、12分
むつ市→大畑町 バス35分
大間町→大畑町 バス60分
その昔、温泉の湧き出る場所が
漢方薬をすりつぶす器具「薬研台」に
よく似ていたことから
薬研温泉と名づけられたと言われる

紅葉の季節には、湯につかりながら
色鮮やかな景色を楽しめ
春・夏には、キャンプ場や川原にて
バーベキューなどを楽しむ家族連れで
賑わっている
キャンプ場
薬研周辺地図薬研 周辺地図 拡大
薬研温泉が「かっぱの湯」と呼ばれる由来は
恐山を開いた慈覚大師が
この地でケガをした際に
河童に運ばれて傷を癒したという伝説に基づく

奥薬研温泉 かっぱの湯
奥薬研温泉 夫婦かっぱの湯
夫婦かっぱの湯に隣接する場所に
無料の足湯がオープンし、気軽に
薬研温泉のお湯を楽しめるようになりました
キャンプ場奥の遊歩道から
山道 ( 画像 ) を歩くこと20分
幹回り8mにもなる巨大なクリの木
おぐり(大栗)があります

樹齢800年を超えるこのクリの木は
鎌倉幕府の時代から
薬研の自然を見守ってきたのでしょう

※おぐりの場所は完全に山の中ですので
 クマ除けに、鈴やラジオなど
 音の出る物を持参してください
[薬研温泉]
↑上へ戻る

Copyright (C) 下北ナビ All Rights Reserved.